有機系太陽電池の特徴

今日、日本国内で使われている太陽電池は、エネルギー変換効率が高いシリコン系の無機物を利用しているものがメインです。それらは製造行程のどこかで一定の高い温度に保つ必要が生じたり、真空装置を使用しなければなりません。目下、多くのメーカーがコストダウンを実現するために、常温、常圧で製造可能である有機物を用いた太陽電池を作ろうと研究しています。そして開発競争の真っ最中ではあるものの、いくつかの有用な有機系太陽電池が市場に出まわりつつあります。

新しいエネルギー政策における安全保障と自給率の限界 | NPO法人 国際環境経済研究所|International Environment and Economy Institute

色素増感太陽電池は、一般的には「湿式太陽電池」「グレッツェル電池」ともいい、その名の由来は1991年に、スイス連邦工科大学ローザンヌ校のグレッツェル教授らが発明したので彼の名で呼ばれることが多いです。



この新しい太陽電池は、シリコン半導体を使用せず、ヨウ素溶液を介した電気化学的なセル構造を持つのが特徴と言えます。また、材料がかなり安価であることや、作製に大掛かりな設備機器を必要としないなど、低コストの太陽電池として今後の研究開発に大きな期待が寄せられています。この電池の構造は非常にシンプルで、透明な導電性ガラス板に、二酸化チタン粉末を焼付け、色素を吸着させた電極と、同じく導電性ガラス板の対極から構成されています。

わずか4%の日本のエネルギー自給率 [エネルギー事情] All About

つまり、光を吸収する色素と、イオンが移動する電解質の層を持っているのです。色素の色あいを様々に変化させることで、好みの色の太陽電池を作ることができるのも商品開発上の大きな特徴と言えるでしょう。

有機薄膜太陽電池の特徴は、まさにその軽量さ、フレキシブルさにあります。塗布型有機薄膜太陽電池などの開発もすすみ、薄い布のような太陽電池を作ろうと考えるなら有機薄膜太陽電池が最も適していることになります。