佐渡おけさとは

民謡の「おけさ」は「おけさ節」とも言い、全国各地で同様の曲名が存在しますが、やはり一番有名なのは新潟県佐渡島の「佐渡おけさ」でしょう。
新潟県内には、他にも「小木おけさ」「寺泊おけさ」「新潟おけさ」「出雲崎おけさ」「柏崎おけさ」と、県内各地にそれぞれ地元の「おけさ節」があります。
他にも新潟県に隣接する長野県には「小谷おけさ」があり、秋田県には「大正寺おけさ」、奈良県の「初瀬おけさ」と、全国に広まっていることから、とても身近な民謡として親しまれてきました。

山本禮子バレエ団

そのように全国的な民謡として知られている「おけさ」ですが、現在では新潟県の佐渡小木地方が発祥と考えられています。
その要因として、「おけさ」の元唄となったのは、熊本県天草市で唄われていた「牛深ハイヤ節」であると言われています。
天草市の旧牛深市にある牛深港に伝わる「牛深ハイヤ節」は、元々漁師などが酒席の騒ぎ唄として唄っていました。

仙台 ダンススクール

それが遠く新潟県の佐渡まで伝わった理由として、江戸時代から明治頃まで活躍した北前船の存在が大きく関わっています。当時北海道から九州まで日本海周りで買付廻り船として全国を商売相手としていた北前船は、各地の特産品や生活必需品を流通させるだけでなく、文化の伝播役としても大きな役割を担っていたからです。
北前船の船乗りによって佐渡の小木港に伝わった牛深ハイヤ節が小木おけさになりました。そのまま小木おけさとして残った唄と、当時金が発掘されていた佐渡金山の鉱夫達によって「選鉱場節」となって佐渡に広まりました。
暫くの間は選鉱場節が佐渡の鉱夫に唄われていましたが、次第に唄の形を変えて「相川おけさ」となります。

21世紀 ミィバレエスタジオ

更に、大正時代に開催された全国民謡大会において、相川おけさが「佐渡おけさ」として発表されたことにより、全国的に「佐渡おけさ」として広まることになりました。
佐渡おけさの発祥は、九州は熊本天草から伝わった騒ぎ唄が、佐渡の小木、相川のおけさとなった後に、その呼び名が変わったことに由来するのです。

その後、佐渡で実際に佐渡おけさを唄っていた鉱夫が歌手として唄を録音し、日本だけでなく海外でも公演して佐渡おけさを大いに広め、その後も様々な形でレコードなどになり、日本の民謡の代表格ともいえるまでの作品となりました。