使用済自動車って分解してリサイクルするの?

年間500万台近い使用済自動車が発生しておりますが、このうちの100万台程度は、中国や、アフリカ、中南米、ロシアなどに、中古車として輸出されており、現地において使用されています。残る400万台は、自動車買取り業者や中古車販売業者などから、解体事業者へ売り渡されており、その多くは自動車リサイクル法に則って、適切に処分されます。廃棄自動車は、そのままの状態でシュレッダーダストにかけられるのではなく、解体業者によって分解されていきます。

軽自動車の登録・廃車などの手続き|草津市

まず、危険物でもあるフロンガスを回収します。その後、解体車両から、中古部品として使用できそうなパーツを取り外していきます。このときにエアバックやシートベルトも回収します。中古部品は、リサイクルすることによって、新しい製品に使用したり、中古販売したりされる、大切な商品になるのです。

廃車

タイヤやホイールを取り外し、エンジンオイルからラジエーター液まで、油脂類のほぼすべてを、この段階で抜き取ります。液抜き後でないと回収できない再利用品はこのときに取り外します。その後は、解体車両を横倒しにして、下部の解体作業をおこないます。フレームと連結している部分を丁寧に切り離していきます。繋がっている部分が切れてから、ふたたび正しい位置に戻し、リフトアップして、重量のある部品部分と車両の切り離しを終えます。

バイク・軽自動車の廃車手続きはお早めに!|茅ヶ崎市公式ホームページ

このときに鉄やアルミなどの素材が大量に発生しますので、リサイクル可能な素材としてストックします。完全に廃材だけになった自動車は、ようやくシュレッダーダストにかけられるという流れです。このように、使用済自動車は分解中の多くの過程で、リサイクル部品を取り出しているのです。